水溜りボンドカンタのプロフィールは?ハーフでアメリカで剣道も強い?

2015年1月1日から一日も欠かさず
毎日20時に動画を投稿し、現在人気絶頂中の“水溜りボンド”!

今回はカンタにスポットを当てて紹介していきたいと思います!

カンタのプロフィールやハーフの噂
アメリカで剣道をやっていたその腕前は、など、詳しくまとめましたのでご覧ください(^^)/

スポンサーリンク
スポンサードリンク

水溜りボンド“カンタ”プロフィール

カンタの本名は、“佐藤マイケル寛太”といいます。

出身は後ほど詳しく書いていくので飛ばすとして、マイケル!いきなりハーフ感満載です。

身長167cm←これが正式な数字です。

一時期170cm~173cmってちょっとサバ読んでいましたね(笑)

体重は55kg!細すぎます(>_<)

病気だって噂が流れましたが、見た目からしてあきらかに細くて
この体重では病気説も仕方ないですよね~(^^;)実際は病気ではないのでご安心を!

1994年4月4日生まれ
誕生日が来たら23歳になると同時に、青山学院大学の4年生になります!

学部は《青山学院大学 総合文化政策学部 総合文化政策学科》

なんと偏差値60を超えているんです(◎_◎;)頭いいですよね!

大学ではお笑いサークルに入っていて、部長を務めています。

ちなみにトミーは副部長!

カンタがトミーを誘ってユーチューバーになったのだそうです(^^)

現在はUUUM事務所に所属しています。

カンタはハーフ?アメリカで剣道をやっていた?

マイケルというミドルネームを持っているくらいですから、ハーフなんですよね!

お父さんがマレーシアの方だそうですが
不思議と顔だけ見ているとハーフ感0ですよね。

どちらかというとトミーの方が
マレーシアっぽい顔立ちをしていると思うのは私だけでしょうか?笑

マレーシアで生まれたカンタは、一旦日本に帰国し、その後小学校までアメリカのシカゴにいたそうです。

ちなみにご両親は、日本、インド、シンガポール、マレーシアなどアジア各国を飛び回っていたそうです。

バリバリのやり手だったことがうかがえますね。

シカゴにいた小学校時代、カンタは《アメリカ剣道》をやっていたそうです。

そのうえで前は小学校六年生の時に1級!

ミッドウェストでのアメリカ剣道の大会で、なんと2連覇を成し遂げているんですよ!

その時のメダルがこちら!

小学校卒業と同時にやめてしまったのがもったいないですよね…
辞めた理由は、『足が寒いから』だそうです(笑)
中・高ではバスケ部の部長を務めていたらしいです。昔から人を惹きつける魅力があったんですね(*^^*)

水溜りボンドの気になること

水溜りボンドの動画の最後で流れる曲、気になっている方も多いと思います。

耳に残るメロディーとポップな映像ですよね。

この曲は青山学院大学の一個上の先輩である、“鈴木友里絵さん”が作詞作曲を担当しました。

曲名は《チャンネル登録してねの歌》です。

ストレートですよね(≧▽≦)

カンタはイケメン、可愛いと言われていますが、ニコニコ動画の踊り手さん“ぶんけい”さんにそっくりなんです。

ぶんけいさんは1994年11月13日生まれでカンタと同い年です。

現在は踊り手を引退して
トウメイモードというMVの製作を行う会社の代表を務めています。

見れば見るほどそっくりです。
顔交換アプリで顔を交換した際、どっちがどっちだか分からなかったんです。すごい!

個人的にはゆずの北川悠仁さんにも似ていると思うのですがどうでしょうか?
大人になってもう少し太ったらまんまだと思うのですが(≧▽≦)

水溜りボンドはYouTuberの活動だけで少なくても月に100万円の収入があることがわかりました。

二人で折半しても月に50万円!稼いでいますね(*^^*)

今回のまとめ

1.カンタはマレーシアと日本のハーフ
2.本名は佐藤マイケル寛太
3.小学校までアメリカ剣道をやっていてその実力は大会2連覇するほど!

やっぱり、人気Youtuberになりえてなった人ですよね^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする